木村 亮 Ryo KIMURA

member_04
職名 助教
卒業大学(年)

和歌山県立医大/2002年 卒業
京都府立大学大学院 /1996年 修了

学位 医学博士/大阪大学/2007年3月
農学修士/京都府大/1996年3月
専門分野 精神医学、精神科遺伝学
器質性精神障害

資格/
所属学会

医師免許
精神保健指定医
日本精神神経学会
(精神科専門医・指導医)
日本人類遺伝学会
(臨床遺伝専門医)
認定産業医

日本総合病院精神医学会
日本児童青年精神医学会
日本生物学的精神医学会
ASHG: American Society of Human Genetics
SFN: Society for Neuroscience
主たる職歴 2002-2003年 大阪大学医学部附属病院/研修医
2003-2007年 大阪大学大学院医学系研究科/大学院博士課程
2007-2012年 大阪府立急性期・総合医療センター 精神科

2014-2015年  Neurology, Psychiatry and Human Genetics, David Geffen School of Medicine, University of California Los Angeles (UCLA) / Visiting Fellow

2012-現在:  京都大学大学院医学研究科/形態形成機構学/助教

主な研究内容

発達障害を中心とした精神疾患の病態解明を目指して、研究に取り組んでいます。 分子生物学(実験系)とバイオインフォマティクス(情報系)を組み合わせて、主に以下のプロジェクトを進めています。 1)遺伝子発現ネットワーク解析を用いた発達障害の病態解明 主に7番染色体の微細な欠失で生じるウィリアムス症候群について、患者さんから提供していただいた検体を用いて、遺伝子発現の異常が多彩な表現型に関わるかどうかを調べています。 2)エピゲノム解析による精神疾患のバイオマーカー探索研究 主に自閉症スペクトラム障害について、DNAのメチル化やマイクロRNAの変化を調べ、診断バイオマーカーとしての有用性を検討しています。